行政改革!「みんなの役所」への道

役所は住民のみなさまのもの。そして志をもつ公務員の自己実現の場。そんな役所をつくる知恵、共有しませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフサイトミーティング式の読書会


 オフサイトミーティング式の読書会(長いので以後「オフサイト読書会」と略します)を思いついたのは、「どうすれば役所は変われるのか(元吉由紀子著)」という本を読んだのがきっかけです。「オフサイトミーティング」は(株)スコラ・コンサルトさんが提案する「組織風土改革」という改革手法の一ツールです。簡単にいうと職場における肩書き(つまり「課長」「係長」「先輩」「部下」など)を外し、対等に本音の議論をすることで、本質的な議論を実現します(スコラさんの説明はこちら)。この書籍には、オフサイトミーティングの成功例と活用方法が紹介されています。オフサイトミーティングでの議論を通じて問題意識を共有出来れば、前例を覆し、業務の改善できると思いました。

 さて、オフサイトミーティングをするには参加者を集める必要があります。しかし、なにかよほど得るものがなければ、人を集めることはできません。そこで考えたのが、「オフサイトミーティング式の読書会」です(略してオフサイト読書会)。私はこの半年で行政改革や経営、自己啓発等の本を100冊程読んでおり、これらの情報を公務向きに加工、編集して提供することで、参加者を惹き付けることにしました。自分の発信能力も磨けて一石二鳥です。

 昔私が主催した勉強会に参加してくださったH先輩に「オフサイト読書会の企画」について相談したところ、「まずは気の知れた仲間から始め、軌道に乗った段階で、上司をオブザーバー的に参加してもらうようにするのがいい」というアイディアを頂き、これを採用しました(「末席から始める行政改革」参照)。私が所属する部署のメンバーでやるのが理想ですが、年功序列の意識が強く、とても参加してもらえそうな雰囲気ではありません。H先輩からは他の自治体の職員と一緒にやることで、斬新さをだすといい、というアドバイスも頂きました。丁度気心を知る若手公務員が職場の近くの役所にいましたので、これも採用しました。
 現在オフサイト読書会第1回目の準備をしています。今月末には第1回の報告をさせていただく予定なのでお楽しみに!

 「オフサイトミーティング」のスコラ・コンサルトさん関係の書籍は、次の3つを読みました。それぞれから「職員がやりがいを感じられる職場」を作り、組織のパフォーマンスを向上させるヒントが得られました。組織の雰囲気を良くしたいとお考えの方にオススメです。

    


スポンサーサイト

≪ 世話人オフサイトミーティングへの参加ホーム末席から始める行政改革 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

公務員の☆

公務員の☆

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Amazon検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。