行政改革!「みんなの役所」への道

役所は住民のみなさまのもの。そして志をもつ公務員の自己実現の場。そんな役所をつくる知恵、共有しませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の役に立つことの喜び

 今日は仕事が夜中までかかったので、晩ご飯は吉野屋で食べました。新製品のうな丼を注文した所、これが最高に美味しくて、「うま丼はいつまでやってますか?」と聞いてみました。すると店員さんから「美味しかったですか!?」と笑顔で質問されて「美味しかったですよ~(笑)」と返しました。すると「ありがとうございます!ちょっと調べてみますね!!」と最高の笑顔を見せてもらうことができました。

 やっぱり仕事を通じて人の役に立つこと、そしてそれを実感できることは本当に幸せなことだよな~と、しみじみ思いました。そしてこういう最高の笑顔で働ける職場にしたいと思いました。しかし、残念なことに仕事の今の役所の仕事は仕事のための仕事、役所のアリバイ作りの仕事が多すぎてなかなかそうはいきません。意識して笑顔でいるようにはしてますけど、最高の笑顔とは・・・。

 多くの役所がそんなことになっている根本的な原因は、PDSサイクルが回らず、毎年PDPDの繰り返し。永遠と繰り返されるルーチン業務は陳腐化・形骸化の一途です。多少のマイナーチェンジしか行っていないので、社会のニーズの変化には対応できていません。このような仕事を通じて人から感謝されることは少なく、当然自分の仕事に誇りを持つことも難しいと思います。仕事の目的を認識し、仕事の成果を意識して業務に取り組むしくみが必要なのだと思います。仕事の改善を繰り返し、担当業務を質の高いものにすることで、人から感謝され、自分の仕事に胸を張れるようになりたいものです。そのためには、事務事業総点検や目標管理など、業務の目的を認識しながら、定期的に業務を評価する仕組みが有効でしょう。

 うちの職場では毎年一つの研究テーマについて、時間内に研究を行い発表をしています。毎年のテーマは、私の提案が採用され、「事務事業評価への取組みを通じて職員の意識がどのように変わるか」に決定しました。研究の最大の目的は、事務事業評価を通じて、仕事の意義を認識し、目的意識を持って職務に当たることで職員のモチベーションが向上することを証明することです。今回の研究が改革のきっかけになるかもしれない。わずかですが、そんな期待を持って取り組みたいと思います。


スポンサーサイト

≪ 増税出来ない日本の行政ホーム無駄な業務を生み出すシステム ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

-

管理人の承認後に表示されます

Home

プロフィール

公務員の☆

公務員の☆

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Amazon検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。