行政改革!「みんなの役所」への道

役所は住民のみなさまのもの。そして志をもつ公務員の自己実現の場。そんな役所をつくる知恵、共有しませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職員満足度アンケートの結果

先日実施したアンケート(詳細はこちら)の結果が出ました。

分会員63名中36名(57%)から回答を頂きました。
アンケートにおける各設問について「満足度」と「重要度」を聞き、この両項目の差を不満足度としました。
職場の人間関係に関する不満は、大きいものから
1 役割分担 が徹底されていないこと(不満度0.67)
2 相談がしにくいこ と(同 0.56)
3 悪口が飛び交うこと(同 0.53)
4 意見がいいにくいこと(同 0.53)
となりました。

職場の人間関係の向上策としては、
1 課や係のミーティングを 実施すること(支持率39%)
2 役職上位者が積極的に挨拶すること (同 36%)
3 本音で話し合える場作り (オフサイトミーティング等)(支持率19%)
の3つが特に支持されました。


仕事のやりがいに関する不満については、大きいものから、
1 仕事が住民起点で無いこと(不満足度0.64)
2 議論の後に実践が伴わないこと(同 0.53)
3 議論から新しいものが生まれない こと(同 0.5)
4 評価が減点法であること(同 0.5)
となりました。特に若い人に不満が大きいようです。

仕事のやりがい向上策については、支持率が高い順に、
1 組織の今後の方向性を示すこと(支持率39%)
2 意義の薄い業務を縮 小又は廃止すること(同36%)
3 管理職が業務改善を積極的に支援すること(同31%)
4 肩書きや勤続年数に関係なく議論できるようにすること(同31%)
となりました。


【自治労の活動について】
自治労は次の四つを活動の柱としています。
1 組合員の生活水準を向上させ、労働者の権利を守ること
2 やりがいのある仕事が出来るように話し合ったり、考える場を提供すること
3 社会正義を実現すること
4 労働者相互の助け合いとして、組合員への直接的サービス事業を行うこと
自治労のHP参照)

しかし、我が役所の組合は,2番目の「やりがい」についての活動はあまり力を入れてこなかったのではないかと思います。今回のアンケートで,私たちの分会で「やりがい」についての活 動に一定のニーズがあることが分かりました。

このアンケート結果を元に、満足度の向上策を管理職サイドに提案しようと思います。


スポンサーサイト

≪ 職員満足度アンケート結果のプレゼンのオファーホーム職員満足度アンケートから始める風土改革 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

公務員の☆

公務員の☆

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Amazon検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。