行政改革!「みんなの役所」への道

役所は住民のみなさまのもの。そして志をもつ公務員の自己実現の場。そんな役所をつくる知恵、共有しませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セクハラとパワハラ


 先日セクハラとパワハラの研修を受けました。呉大学準教授の磯田朋子さんによるものです。非常によいものだったので、簡単に紹介させて頂きます。

------- 以下研修メモ ----------
 
家長制度や年功序列は明治政府が作った。
 →政府が「家」の連帯責任を規定し,徴兵逃れを防ぐ目的。

男性像や女性像は文化的なもの。
 →これも支配者が支配しやすいように作ったものだ。
 
男性と女性,上司と部下,先輩と後輩という具合に "分ける" と必ず序列が生じる
 →これがセクハラ・パワハラの温床になる
 →
生殖機能の差は変えられないが,人が作った区分は変えられる。

「○○という行為はセクハラですか?」という質問を受ける。従わないと相手が困る場合(不利な扱いを受けることを相手が想定する場合)は、セクハラ・パワハラと考えてよい。

対等な職場の仲間と期待されているか?
 →されていなければその考えがセクハラ・パワハラの温床である。

官僚制の弊害
 →仕事場での位階が人の序列として扱われること。本来人に序列はない。
(官僚制とは役所のことだけを指すのでなく,役割分担をして効率的に仕事をする仕組みを指す)

職場が魅力的であることは優秀な人材を集めるために重要。

セクハラ・パワハラの研修を頼まれていろんな職場に行ったが,男性からお茶を出されたことはほとんどない。お茶を入れることは女性に向いていることか?そんなことはない。

------- 以上 ---------------------------

 みなさんはいかがお感じになったでしょうか?身に覚えのあることはありましたか?今回は、今年度2回目のの人権研修でした。前回の研修では、うちの職場のある職員が、自分がパワハラをしていることに気付き、大変身しました。きっかけづくりは大切ですね。

 今回の研修もなにかよい結果に繋げたいと思い、上記内容を復命として回覧しました。また、お客さんへのお茶だしを順番制にすることを提案しました。採用されるといいのですが。

 最近は仕事以外にも自己実現できることや楽しめることが多く、転職もしやすくなりました。そういう意味でも「職場を魅力的にする」必要性は高まっていると思います。引き続き充実した人権研修を続けて欲しいと思います。

ビジネスブログ100選 ← 他にも役所で働く人のブログあります。

スポンサーサイト

≪ 「星野仙一に学ぶ部下覚醒の心理学」1ホーム星野芳昭さんからの学び1 改革仕掛人を目指して ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

公務員の☆

公務員の☆

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Amazon検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。