行政改革!「みんなの役所」への道

役所は住民のみなさまのもの。そして志をもつ公務員の自己実現の場。そんな役所をつくる知恵、共有しませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タオ島でジンベイザメとランデブー

 GWに年休をいくつかくっつけてタイへ遊びに行きました。タオについたのは2日目の10時。小さな島なので、レンタバイクで一周してその日の夜行フェリーで次の目的地に進む予定で立ち寄った島です。しかし島の南端で素敵なバンガローを見つけ、一目ぼれしてしまい一泊することにしました。青い海が見える斜面に立つ一戸建てのバンガロー。 これが素晴らしいタオ島での思い出の始まりでした。
 チェックインした後ビーチで一泳ぎしてから、ダイブショップに行き。次の日することがないので、ファンダイブを申し込みました。ライセンスを取って2年近く潜っていなかったのでカンを取り戻したいというのが一番の理由です。タオのダイビングシーズンはすでに終わっており、透明度が期待できないのはシュノーケリングをしたときに分かっていました。天気もいまいちで波は高く、コンディションはイマイチ。

 そんな感じであまり気合を入れずに申し込んだダイビングで、僕は一生に一度の大物に出会うことができました。3mのジンベイザメです。

jinbe


 ジンベイは同じ場所を回遊していて、2本のダイブ中ずっと一緒に泳ぐことができました。その巨体が悠然とターンしながら泳ぐ後ろや横を一緒に泳ぐのはぞくぞくするほど楽しかったです。ジンベイに伴走するコバンザメは時々ジンベイを離れ、ダイバーに張り付こうとします。要するに自分より大きければ誰でもいいのです。張り付かれそうになると肌がピッと引っ張られてとても痛いです。

jinbe front


 ジンベイはダイバーなど気にも留めずに泳ぎ、油断しているとこっちに向かってターンし、突進してきます。僕も一度ぶつかりそうになりましたが、ジンベイの下に潜りこんでなんとか衝突を避けることができました。その時少しジンベイに触ったんですが、ザラッとして、文字通り鮫でした。

vs jinbe


 ダイブの後は一緒に潜ったファンダイバーに写真をもらったり、すばらしい体験を共有した仲間で時間を忘れて話に花を咲かせました。ダイビングにはまってしまいそうです。
スポンサーサイト

≪ 懇親会で風通しの良い職場作りホーム読書会「心を揺さぶる語り方」 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

公務員の☆

公務員の☆

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Amazon検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。