行政改革!「みんなの役所」への道

役所は住民のみなさまのもの。そして志をもつ公務員の自己実現の場。そんな役所をつくる知恵、共有しませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書会「心を揺さぶる語り方」

 先週は、人間国宝の一龍斎貞水さんの「心を揺さぶる語り方」を題材に読書会をしました。これは役所の同期と二人でやっている会です。

 今回は友人が、この本からインスピレーションを受け、考えたことをエッセイに仕上げ、紹介してくれました。友人が上げていたトピックは「心を込める」ということです。一龍斎さんは「心を揺さぶる語り方」で、心を込めて話をすることがお客さんの心を掴むために、そして自分の成長にもっとも大切であると説いています。友人は職場の先輩の言葉を引き合いに出してエッセイを綴っていました。それはこういう言葉です。「行政文書ひとつとっても、推敲を重ねられた文書は、要点が手に取るように分かるし、担当者の思いが伝わってくる。なおかつ、それは美しくもある」。私の友人が解説するには、心を込めるとは、美意識を持って仕事をすることで、そういう拘りが自分のアイデンティティーになる。ということでした。

 一龍斎さんの説く「心を込めて、一生懸命やることが、一番人を感動させる。」という考え方には、私も強く共感しました。私の友人のいう美学を持って仕事をする姿勢も素晴らしいと思います。また、この美学が腐敗を防ぐ最後の砦だという意見にも納得しました。このことについて、私は一つ質問をしました。それは「役所の独りよがりの美学になってないか。」ということです。その拘りは、住民から理解と賛同を得られる内容なのか、と。私はこの質問とともに稲垣重雄さんが”法律より怖い「会社の掟」”で次のようなことを指摘されていることを紹介しました。
 日本の多くの組織は、企業でも、役所でも、PTAでも、「村社会」であり、村独自の掟がある。村社会では社会一般のルール(法律を含む)よりも掟が重要視され、村の中では掟に従っていれば、法律違反はあまり問題視されない。また、村のメンバーにはとても優しいが、村の外には冷たかったり、無関心だったり、無責任だったりする。この体質が不祥事が延々と続く原因である。
 私の友人の答えは、掟と一般社会のルールはだいぶ近づいてきているし、今後もそのギャップは埋まっていくだろう。というものでした。役所の方針、そして体質と沿いながら、少しづつ変えていこうとする私の友人のスタンスから、私が予想したとおりの答えでした。

 役所が改善しつつあるのは、実際そうだと思います。しかし、まだまだギャップはあります。社会一般から美しいとみなされる自分の美学に、そして自分の良心に従って仕事ができれば、公務員は本当にやり甲斐のある仕事だと思います。そうなることで職員のパフォーマンスも向上し、行政サービスもよくなる。きっとそうなると思います。情報公開や住民との協働が進むことで「掟」と「社会一般のルール」のギャップをぐっと縮めることを期待しています。
 

  


現職公務員サイトランキング 人気ブログランキング にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ ビジネスブログ100選


スポンサーサイト

≪ タオ島でジンベイザメとランデブーホーム組合活動から始める行政改革 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

公務員の☆

公務員の☆

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Amazon検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。