行政改革!「みんなの役所」への道

役所は住民のみなさまのもの。そして志をもつ公務員の自己実現の場。そんな役所をつくる知恵、共有しませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生を変える出会い

 新垣勉さんのアルバム「命どぅ宝(ぬちどぅたから)」を借りました。私は新垣勉さんのことは知らなかったのですが、ジャケットが気に入ったからです。大好きな沖縄の風景と、新垣さんの笑顔がいいな、と思いました。おじさんの笑顔に負けてCDを借りたのは生まれて初めてです。

 気になって新垣さんのことをネットで調べてみました。

 新垣さんは、1952年、沖縄米軍兵の父(メキシコ系アメリカ人)と日本人の母の間に沖縄県読谷村に生まれます。生後まもなく、事故で両目を失明し、1歳の時に両親が離婚。母は再婚し、母方の祖母に中学まで育てられます。中学2年の時祖母が他界、天涯孤独になってしまいます。
 そんな時、新垣さんはラジオから流れてきた讃美歌がひとすじの光のように感じ、教会へと足を運びます。そこで出会った一人の牧師に思いの丈をぶつけた時、牧師は涙を流しながら彼の話をじっと聞いてくれ、その後頻繁に自宅に彼を招き入れお誕生会などを行うなど家庭の温かさを教えてくれました。この出会いが新垣さんを立ち直らせるきっかけになったそうです。
 その後、歌手を目指すようになった彼は、大学在学中にオーディションを受けます。そのとき出会った著名なヴォイス・トレーナーに「君の声は日本人離れしたラテン的な明るい声だ。一人でも多くの人を励まし、勇気を与えることが出来るように君の声を磨きたいから私のレッスンを受けなさい。」と絶賛されます。父親からもらった声をほめられたことで父への憎しみが消え、逆に感謝の気持ちが湧いてくるようになったそうです。

 あの笑顔の裏には、そんな経験があったのか、と納得しました。

 「一人でも自分の歌を聴いて“元気をもらった”
   と言ってくれる人さえいれば、自分は生きているだけで嬉しい」

 新垣さんの言葉です。
 
 私には想像もつかない苦悩を味わいながらも、前を向いて歩いてきた新垣さん。不幸の淵にあった新垣さんを勇気づけた牧師や師との出会い。素晴らしいな、と思いました。私も人に希望を与えられるような人間になりたいものです。
 人の感情に向かって大きくアンテナを広げ、ノンバーバルメッセージに耳を澄ますこと。そして自分の感情の動きに気を配り、自分の感情をコントロールすること。この二つが特に大切だと思います。
 まだまだです。

スポンサーサイト

≪ 人は心の鏡ホーム第2回 オフサイトミーティング 開催 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

公務員の☆

公務員の☆

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Amazon検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。