行政改革!「みんなの役所」への道

役所は住民のみなさまのもの。そして志をもつ公務員の自己実現の場。そんな役所をつくる知恵、共有しませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雇用対策は道路より公共交通機関を

政府は雇用対策のために財政健全化路線を転換し、支出拡大に踏み切るそうです。財政健全化を中断することには絶対反対です。ですが、どうしても支出を増やすのであれば、決して道路へ投資することはせず、公共交通機関に投資して欲しいと思います。

なぜ道路ではダメなのか。まず第1に、雇用対策としてよい選択肢といえません。道路工事は一時的に雇用機会を増加させますが、工事が終わったらまた失業者が発生します。なので継続性がありません。最悪、雇用を継続するために採算性を無視して道路建設を続けるようになることもあります。次に、CO2の排出等により、環境への負荷が増え、社会の持続性が損なわれます。将来世代に負の遺産ばかりが残されるようになります。

一方、公共交通機関を増設するのであれば、工事により雇用が生じるだけでなく、建設後も鉄道会社の職員としての雇用が生じるため、雇用が継続的に発生します。便数の増減で雇用の調整をすることも可能です。そして渋滞を解消若しくは緩和する効果も期待できます。さらに環境に優しいので、環境の面では将来世代の負担が軽減されます。

借金をして事業をするのですから、世代間の公平性を十分考慮した事業を行って欲しいと思います。

(参考にウェブ上の新聞記事を引用します)

「09年度予算:新規国債35兆円規模 健全化後退が鮮明に」

 政府は9日、09年度予算編成で、新規国債発行額を34兆~35兆円とする検討に入った。景気悪化の影響で法人税を中心に09年度の税収見積もりが大幅に落ち込むため。新規国債発行額が当初予算ベースで30兆円を超えるのは4年ぶりとなる。小泉政権発足時に掲げられた「国債発行30兆円枠」を大きく上回る規模で、財政健全化路線からの転換が鮮明になった。
 09年度は基礎年金の国庫負担引き上げなどの影響で国の政策経費を示す一般歳出が51兆円台と、初めて50兆円を突破。予算全体の規模を示す一般会計総額も80兆円台後半と当初予算としては過去最高となる見通しだ。一方、世界的な景気悪化を背景とした企業業績の低迷で、法人税収は大きく落ち込む。そのため、08年度の税収は当初見込み(53.6兆円)から6兆~7兆円下振れし、47兆円程度にとどまるとみられる。
 この結果、08年度当初予算で25.3兆円としていた新規国債発行額は、歳入不足を穴埋めするための赤字国債増発で33兆円前後まで膨らむ。09年度は景気悪化の進展で一段の税収減が予想される上、歳出の大幅な削減も難しく、国債発行の一層の上積みは確実。財政赤字の拡大に歯止めがかからない状況に陥っている。

出典:毎日jp 2008年12月10日 2時30分
http://mainichi.jp/select/biz/news/20081210k0000m020152000c.html


スポンサーサイト

改革には謙虚さが大切!

今日は「この逆境の時代にどう人材育成をするか」というテーマのセミナーに参加しました。
先輩職員に紹介してもらったものですが、
とても興味のある内容で、しかも無料であったので^^、
お休みを頂いて参加しました。

得るものが多いセミナーでしたが、
一番インパクトがあったのが
「ダイエーをつぶした3つの原因」といわれるものの一つです。
それは「賢い人が増えすぎた」というものでした。
最初経営陣は、売れない原因をきれいに説明してくれるような高学歴者が増え、
「我が社も優秀な社員が増えた」と喜んでいたそうです。
しかし、あるとき彼等は気付きます。
批判するのはうまいけど、売れる方法は提案してもらえないのです。
しかも売れない原因を説明してくれた社員に「じゃあ君が担当して」というと尻込みする。
いつの間にかそんな状態になっていたそうです。

この話を聞いて我に返り、自分のことを反省しました。
私は組織や仕事のやり方のダメ出しをよくします。
それは筋の通った、もっともらしい正論で、
自分の勉強の成果でもあるので、少し偉そうに持論を語ってしまっていたと思います。
思い上がりも甚だしいと、自分を恥ずかしく思いました。

これからはもっと手を動かす方に力を注ぎ、
批判は控えめにしようと思います。
そう思えるようになったのは大きな収穫でした。




日本の借金は860兆円

日本の借金は860兆円です。
毎年10兆円ずつ返しても86年かかります。
ちなみに年収は54兆円…。
1人あたり670万円になります(0歳児以上の全ての国民で)。
気が遠くなるような借金です。

shakkin

 出典:日本の借金時計(数字はうそをつかない)
 http://www.geocities.jp/mkqdj167/japan.htm

給付金とかバカな使い方ほんとやめてほしいです。
しかも政府の方針では、財政健全化を一時休止してさらに借金を増やすとか・・・。

国にお金を任せていたら人気取りのバラマキばかりで無駄が多すぎます。
住民の目の届く自治体できちんとお金の使い道を決めて、
本当に必要なことに税金を投入できるようにしないとだめですね。



小さな政府と地方分権

「小さな政府」という言葉はよく耳にします。多くの場合は、民に出来ることはなるべく民に任せる。という考え方を表すキーワードとして使われます。この「小さな政府」のアメリカ政府の元高官の解釈が、田原総一郎氏のコラムで紹介されていました。

以下はブッシュ陣営の元大統領次席補佐官が「小さな政府」について語った一説です。

アメリカ人の中には、静かに暮らしたい人、懸命に金を稼ぎたい人、宗教に深く入って信仰に生きたい人もいる。色々な人が、それぞれ自由な自分の気持ちを曲げず、縛られないで、自由に生活できる国がアメリカだ。そしてそれが「小さな政府」なのだ。だから政府が個人の生活や個々の企業の経済活動に干渉しない。大きな政府はそれに干渉するので自由がなくなる。極端な話では、全部干渉するのが共産主義だ。

 出典:田原総一朗の政財界「ここだけの話」2008.11.27
 http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20081127/115794/

このコメントを読んで「確かにそうだよなあ」と共感しました。

政府というのは、その性格上融通の利かないところで、ここに仕事を任せると不自由です。人間が生きていく上で、充実感や生き甲斐を感じるためには、自由というのは非常に大切だと思います。民でできることはなるべく民で解決した方がよいと改めて思いました。
融通の利かなさも、より身近な行政機関に権限が降りることで緩和されます。なので、地方分権を進めることも大切です。市町村や都道府県(道州)などの身近な地方自治体に仕事を移せば、サービス内容の変更や改廃、チェックをしやすくなり。今よりはだいぶ民意を反映させられるようになるでしょう。

Home

プロフィール

公務員の☆

公務員の☆

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Amazon検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。