行政改革!「みんなの役所」への道

役所は住民のみなさまのもの。そして志をもつ公務員の自己実現の場。そんな役所をつくる知恵、共有しませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋空の下でサッカー

 今日は役所のサッカー部の試合に出場しました。気持ちのいい秋空の下、ボールを追いかけて走り回るのは爽快です。しかも、今日は30分の試合を3回やって、2つゴールを決めることができました。
 私は参加者のなかで最もヘタな部類にはいるのですが、ときどきゴールを決め、驚かれます。いつもゴールを意識し、いつでもシュートを打てる心構えをしていれば、技術はなくともチャンスはあります。
 何事においても、自分の実力以上のもの(運を呼び込んだり^^)を発揮するために、こういうどん欲さは大切にしたですね。


スポンサーサイト

情報公開から始まる組織風土改革

うちの課では毎週ミーティングがあります。局長が各課長にミーティングをするようにプッシュし続け、私からも課長に対して是非やって欲しいと言い続け、実現したものです。もう一年近くは続いているでしょうか。うちの課の風通しの良さの象徴です。

今週このミーティングで課長から組織改編案が紹介されました。うちの役所は来年度から地方機関が統廃合されることになっているんです。驚いたのは、その資料の中で、各事務の人役計算が示されていたことです。うちの役所では、これまで係長以上しか知り得なかった情報です。

このことについて局長に話をしたら、こんなことをおっしゃっていました。
「情報開示は大切。ほんとうは上の人間はそういう情報はできるだけ握っておきたい。自分もそう。だがそうい情報もできるだけ出して、みんなで考え、意見を出し合うことが大切。」
これにはけっこう感動しました。人役計算の開示については、局長の指示があったのかもしれません。

情報は権力の源泉で、情報を持つものは往々にしてこれを独占しようとします。しかし情報を独占すると、議論も出来ず、よりよい意思決定ができません。そして下のものは一方的に決定を押し付けられることになるため、モチベーションも上がりません。情報を公開することで、活発な議論が行われるようになり、風通しもよくなります。組織の総合力を発揮するのはまさに情報公開からだと思います。今後もますます末端の職員への情報開示がすすみ、だれもが重要な議論に参加できるようになって欲しいと思います。



Home

プロフィール

公務員の☆

公務員の☆

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Amazon検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。