行政改革!「みんなの役所」への道

役所は住民のみなさまのもの。そして志をもつ公務員の自己実現の場。そんな役所をつくる知恵、共有しませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なりふり構わず変化に抵抗する人達

うちの役所では工場の排水検査をしています。この排水検査は役所の職員が採水し、役所の検査機関が検査をしているのですが、これからは検査は委託に出そうかという話が出ています。検査の仕事しかしたことない人は、違う部署に異動するのを嫌がる人が多いのですが、この人達がとんでもない行動に出て困っています。

今まで採取した水の一部は郵送で検査機関に送っていたのですが、突然「郵送すると検査をするのが次の日になるので問題がある。その日のうちに公用車で運び込むべき。」と言い出したのです。採取した水を検査機関に運ぶのを公用車に制限することで、検査機関を減らしにくくなることを狙ってのことです。

しかし、郵送が禁止されたら水を採取する方はたまりません。検査機関から最も離れた拠点は、検査機関まで往復3時間以上かかるのです。そもそも、「検査はその日のうちに実施すべき」といっている人達は、運び込まれた水を冷蔵庫に保管して、次の日に検査をしていることもままあります。
もちろん私は水の輸送は郵送で行うべきと主張していくつもりですが、その一番の理由は自分達の資質向上に有利だからです。3時間車を運転して水を運んでもえるものはありません。それよりも運ぶのは運送会社に任せて、他の仕事をこなしたり、法律を覚えたり、業務改善のために知恵を絞たりして、自分の成長に繋がることに時間を使った方が有益です。

今日は郵送を車での搬入に変更させ、他の職員に大きな負担をかけてでも自分達の仕事を守ろうとする職員がいることにショックを受けました。しかも、このことについてはかなり根回しが進んでいるようで、「郵送して次の日検査するのじゃまずいだろ」という声がちらほら聞こえます。しかし、無駄な仕事を増やし、職員が力を付ける機会を奪うことは許せません。なんとかしなければ。



スポンサーサイト

Home

プロフィール

公務員の☆

公務員の☆

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Amazon検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。