行政改革!「みんなの役所」への道

役所は住民のみなさまのもの。そして志をもつ公務員の自己実現の場。そんな役所をつくる知恵、共有しませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星野芳昭さんを囲む会 1

 星野芳昭さんがうちの役所に研修に来られた機会を捉えて、懇親会に来て頂くことができました。星野さんは三重県議会と飯田市議会の改革事例発表のシンポジウムに参加してこられたばかりということもあり、議会関係で特に面白い話が聞けました。

 行政改革が進んでいる役所は、議会の改革も進んでいるそうです。役所の改革が進むと、議会が置いていかれ存在感が薄れるからなのでしょう。議会改革の例では、議会での議論を一問一答形式にすることがメジャーです。通常はいくつもの質問をまとめて行い、それに対してまとめて回答をするようなやり方です。ですが、このやり方では議論を深めることがほとんど出来ないのが現状のようです。一問一答形式を採用することで、議会での質の高い議論を実現し、議会の行政チェック機能を高めようという役所が増えています。

 議会改革の次の仕掛けとして、星野さんから沢山のアイディアを聞かせてもらいました。特に面白かったのが「答弁評価システム」です。これは答弁の的確さをパーセンテージで評価するというアイディアです。"的確さ"ですので、答弁の内容がポジティブだったとか、ネガティブだったとかではなく、質問に対して、答えになっているかどうかを評価するものです。というのも、議会の答弁では、はぐらかしたり、ごまかしたりするために、答えになっていないものが多々あります。これでは重要な問題で議論が深められないため、議会がチェック機能を果たせません。各議員の答弁の的確さを、有権者に公表するシステムが導入されれば、能力の高い議員に票が集まりやすくなり、各議員が競って質の高い議論を心掛けるようになるでしょう。「答弁評価システム」は面白い仕掛けだと思いました。

 議会改革が進み、議会で建設的な議論が行われることで、役所の改革が進み、その旧態然とした業務が見直されることを期待したいものです。


スポンサーサイト

懇親会で風通しの良い職場作り

 先日の記事で紹介した局の懇親会で風通しをよくする作戦を進めています。しかし風当たりが強くて苦戦しています。
 もともと局の懇親会は管理職会議で提案され、反対多数で否決された経緯があります。そして言い出しっぺの方から、私に幹事の依頼が来ました。それで組合のネットワークを活用し、各部署の組合担当を中心に運営チームを立ち上げようとしたところ、今度は組合員から猛反発を受けました。これにはビックリしました。反発の理由は、今まで職場の飲み会で嫌な思いをした人が多いこと。そして飲み会が有ると、参加しなければいけないというプレッシャーを感じる人が多いこと。この二つのようです。丁度懇親会を風通しのよい職場作りのきっかけにしたいと考えていたので、ますますこれは何とかしないといけないな、と思いました。去年この局の私の友人が鬱になったのを思い出しました。それに職場の風通しがよく、仕事を改善する意見を言ったり、議論ができることは役所を良くするためにも非常に大切です。
 今度は組合の関与を無くし、個人として、局全体に運営を手伝ってくれるメンバーを募集しました。懇親会のコンセプトは、参加を望まない人が気軽に辞退でき、かつ、できるだけ多くの人が楽しめる懇親会です。運営には7人の有志の協力が得られることになりました。
 なんの工夫もなく懇親会を開いても、多数の参加は期待できないし、懇親会でつまらない思いをする人が出てしまうと次に続きません。懇親会できもちのよいコミュニケーションが取れるように、工夫をすることにしました。一つは話し方のマナーを紹介する「6つの話し方のヒント」を懇親会のテーマとして掲げること。そして自分の仕事や趣味を紹介することで、話をしやすくする「自己紹介カード」を事前に作成し、当日配布すること。最後に、上司から参加のプレッシャーがかかるのを防ぐため、出欠の確認を一斉送信メールで行うことで、気軽に参加・辞退できるようにすることです。

(6つの話し方のヒント)
 1  意見や考えのおしつけをしない
 2  悪酔いをしない
 3  たくさんの人と話をする
 4  相手の話を否定しない
 5  一回の発言は2分まで
 6  いない人の悪いうわさ話はしない

 懇親会の案内の結果、40人弱の参加者を得ることができました。去年の送別会とほぼ同じ人数なので、これはかなりの出席率です。しかし、話し方のヒントには結構な反発がありました。主な意見は「押しつけがましい」というもので、これ見よがしに、運営メンバーに聞こえるように批判をする人もいたようです。そのような批判が局内のあちこちで起きたため、懇親会運営メンバーが、「6つの話し方のヒント」をテーマとして掲げることに後ろ向きになってしまいました。そしてこういう工夫をしたことについてアンケートで是非をとることにも、さらなる批判を恐れて反対が強くなりました。アンケートは、声の小さい人の意見を吸い上げ、問題点とその解決方法を探るために非常に重要です。
 私は、次のように自分の意見を表明しました。
「懇親会をやろうとしたときの強い反発がありました。今度は、懇親会に反対するような原因(無理矢理参加させるプレッシャーが存在することや、懇親会で嫌な思いをする人がいること)を解決しようとする取組に対して反発を受けています。前者の反発と後者の反発は、恐らく違う人が発信源だと思います。前者は風通しが悪いことで、ダメージを受けている人達。つまり私が助けたい人達です。逆に、露骨な批判をしている後者の人達は、コミュニケーションについての配慮のない、分別のない言動で加害者になってる人達じゃないかと思います。今の職場は見てのとおりの状況ですので、参加してくださった人がみんな楽しめるようにするために、コミュニケーションの仕方に配慮を呼びかける意義は大きいと思います。そして、きちんとアンケートで意見を聞いていないと、参加者の期待に応えられなくなるかもしれません。すると懇親会は直ぐに支持されなくなりなり、再び廃止になってしまうでしょう。無くなってしまうならまだいいです。最悪なのは無理矢理幹事をやらされたメンバーによる、義務的に参加した人達のための懇親会が、儀式として残ることです。」
 この説明の結果、なんとか1人から賛成意見をもらうことができ、「6つの話し方のヒント」の広報と、アンケートを実施することが出来るようになりました。しかも、アンケートの原案に沢山のよい修正意見をもらうことが出来、高い回答率が期待できるアンケートを作ることができました。
懇親会はいよいよ来週。どんな反応が返ってくるか楽しみです。



タオ島でジンベイザメとランデブー

 GWに年休をいくつかくっつけてタイへ遊びに行きました。タオについたのは2日目の10時。小さな島なので、レンタバイクで一周してその日の夜行フェリーで次の目的地に進む予定で立ち寄った島です。しかし島の南端で素敵なバンガローを見つけ、一目ぼれしてしまい一泊することにしました。青い海が見える斜面に立つ一戸建てのバンガロー。 これが素晴らしいタオ島での思い出の始まりでした。
 チェックインした後ビーチで一泳ぎしてから、ダイブショップに行き。次の日することがないので、ファンダイブを申し込みました。ライセンスを取って2年近く潜っていなかったのでカンを取り戻したいというのが一番の理由です。タオのダイビングシーズンはすでに終わっており、透明度が期待できないのはシュノーケリングをしたときに分かっていました。天気もいまいちで波は高く、コンディションはイマイチ。

 そんな感じであまり気合を入れずに申し込んだダイビングで、僕は一生に一度の大物に出会うことができました。3mのジンベイザメです。

jinbe


 ジンベイは同じ場所を回遊していて、2本のダイブ中ずっと一緒に泳ぐことができました。その巨体が悠然とターンしながら泳ぐ後ろや横を一緒に泳ぐのはぞくぞくするほど楽しかったです。ジンベイに伴走するコバンザメは時々ジンベイを離れ、ダイバーに張り付こうとします。要するに自分より大きければ誰でもいいのです。張り付かれそうになると肌がピッと引っ張られてとても痛いです。

jinbe front


 ジンベイはダイバーなど気にも留めずに泳ぎ、油断しているとこっちに向かってターンし、突進してきます。僕も一度ぶつかりそうになりましたが、ジンベイの下に潜りこんでなんとか衝突を避けることができました。その時少しジンベイに触ったんですが、ザラッとして、文字通り鮫でした。

vs jinbe


 ダイブの後は一緒に潜ったファンダイバーに写真をもらったり、すばらしい体験を共有した仲間で時間を忘れて話に花を咲かせました。ダイビングにはまってしまいそうです。

Home

プロフィール

公務員の☆

公務員の☆

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Amazon検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。