行政改革!「みんなの役所」への道

役所は住民のみなさまのもの。そして志をもつ公務員の自己実現の場。そんな役所をつくる知恵、共有しませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

模擬議会から始める政治改革 2

 先日、模擬議会のイベントにスタッフとして参加しました。(模擬議会については2/9の記事参照)今回の参加者は 口コミや、新聞記事をみて参加を希望された方で、30人程度です。主催者は、若手議員や行政職員が中心となって運営している団体です。模擬議会を開催する目的は、地方議会の役割を知ってもらい、政治への関心を高め、市民の手によるまちづくりをすすめることです。

 今回の模擬議会のシナリオは次のようなものでした。
・匿名による市へ3億円の寄付があった。
・寄付金の用途は「子育て支援」で広く市民の意見を聞いて使用方法を決めて欲しいとう希望が添えられていた。
・そこで市長は、市民にこの3億円を財源とし、次のような「子育て支援」を行うことを提案する。
・これに対して市民グループが意見を考え、自分達のグループから議員を選出し、議会で子育て支援策を決定する。
 市長からは次のような「子育て支援策」が提案されました。
・支援策概要 市内中心部に市直営の保育所を設置する。利用時間は7-19時。定員60名
・事業の目的 市内の子育て世代の保育ニーズに応える。子育て世代に住みやすい町として市のイメージアップを図る。
・想定受益者 市内の働く子育て世代
・実施者 市(保育所の設置、施工、運営)
・実施期間 設計施工 H20年度、園児募集 H21年度~
・対象場所 市中心部(駅前)で選定
・案の強み 副都心近郊であり、市外への通勤の利便性が高い
・歳入 3億円
・歳出 3億円(うち野外運動場5千万円、調理室整備費2千万)、人件費等 年1000万円
 この市長提案に対して、参加者からの質疑が行われ、市内に存在する保育所の数が全部で20箇あること。このうち3つの保育所が定員オーバーで園児過剰となっていること。一方、全体では300人の定員割れであり、待機園児0人であること。ニーズの調査は実施していないこと。などが確認されました。
 
 ここまでが導入で、ここからが参加者が主体的に行動することになります。参加者は、3つのグループに分かれ、ワークショップ形式で、市長案の「修正案」を検討します。そしてグループから3名自分達の「修正案」を発表する「模擬議員」を「模擬議会」に送り出します。模擬議会では9人の模擬議員がお互いの修正案への質疑応答を行います。模擬議員とならなかった参加者は、模擬議会を傍聴し、4つの案のどれがよいか投票し、実施する案を決定します。
 私が参加したCグループでは、市長提案に対する意見として、「19時に閉まるのでは働く子育て世代の支援にならないだろう」、とか、「H20年度は市民の意見を聞く期間にしてはどうか」、「施設の運営は民間にした方がいいのではないか」、「建物の新築ではなく、既存の施設を利用してはどうか」などの意見が出されました。困ったのは、「そもそも新たな保育所は必要ないのではないか」という意見です。私は同じ意見を持っていたし、そういう案を模擬議会に提出するのも面白いと思いました。しかし、他の参加者は、保育所の設置ありきと考えていたので、賛同は得られませんでした。保育所を作らないという意見を出した方は、そもそも行政の無駄遣いと借金体質に強い問題意識を感じておられ、十分な根拠がないと保育所の設置は認めたくないとお考えでした。実際、寄付者の希望は「子育て支援策」だったので、保育所以外の方法の提案は可能です。一方、保育所を設置するという意見の方は、その理由として、時間がない、とか他の案に勝てない、とうことをあげられたため、議論になりませんでした。私はファシリテーターを担当したのですが、うまくさばくことが出来ず、議論をかみ合わせることが出来ませんでした。結局時間が押し迫ってきたので、保育所を設置する方向で検討することにし、ドタバタと、保育所の設置方法、運営方法を検討し、修正案としてまとめました。
 模擬議会で提案した、我々Cグループの修正案は次のようなものです。「児童を預かる施設である総合福祉施設に併設し、複合型の子育て支援施設にする。野外運動場を既設のものを改造して利用時間を7-21時に伸ばす。給食をデリバリーにして、コストを削減する。」
 これに対し、Aグループ案は、「19-21時の時間外預かりに特化し、それ以外の時間のために空き保育所への無料送迎を実施。土日も営業する。保育所機能の他、子育て支援センターを設置し、子育て相談や保育ママとのマッチングを行う。」という内容でした。Bグループの案は、「スーパーマーケットに併設することで、利便性を高め、運営コストを下げる。24H営業にする。」という内容でした。
 質疑応答において、Bグループの案は24時間営業するのは、コストがかさむ一方ニーズが低いのではないかという反論に答えられず劣勢でした。Aグループ案とCグループ案では、Aグループが答弁の内容で上回り、その案が採用されました。

 今回の模擬議会は、参加者の満足度は非常に高く、また、スタッフとして参加してくださる人まで得られたのがなによりの収穫だったと思います。心残りは、良くできていたCグループの案が採用されなかったことです。グループワークでの議論がもっとかみ合い、よい議論が尽くせたら、質疑応答でもっとよい答弁が出来、結果も変わってきたかと思います。ファシリテーションの技術をもっと高めたいと思いました。


スポンサーサイト

「県庁の星」を見ました。

 映画「県庁の星」を見ました。
 べたな内容で、話の展開もちょっと強引じゃないか、と思いましたが、

 「一生懸命働くっていいよなぁ…」

 そうしみじみ思いました。

 スーパーに半年の研修に出た県職員野村(織田裕二)は、頭で考えたことをそのまま仕事として取り組みますが、理屈と現実のギャップに気付かず上手くいきません。しかし、県庁でのエリートコースを外れ、スーパーで必要とされるようになったことをきっかけに、真剣にスーパーの改革に取り組むようになります。現場に降りて行き、従業員と一緒に汗をかくことで見えてくる本当の課題。次々と成し遂げられるスーパーの業務改善。ついにスーパーの改革が果たされます。それは地味で泥臭い努力の賜でした。

 どんな仕事でも、一生懸命取り組むことで素晴らしい成果が得られる。どんな仕事でも、真摯に取り組むことで人が感動するような仕事ができる。そう思いました。

 私の仕事も地味な仕事ばかりで、受益者に感謝されることもありません。しかし、明日からはこれまで以上に真剣に仕事に向き合おうと思います。


人は心の鏡

 職場に人の言葉を素直に受らない人がいます。何気ない発言に対して、「それは私に対する嫌みか」などと因縁をつけるのです。

 「人は心の鏡」という言葉があります。その人は、よく遠回しな嫌みや、聞くに堪えない皮肉をいう人です。だから人も同じことをしていると感じるのでしょう。

 そんなことを考えていて、3つのことに気が付きました。1つは、自分が相手のことをどう思うかを客観視することで、自分の感情の動きを知り、コントロールできるということ。2つ目は、人の長所を見出すには、自らが同じ長所を持つことが役に立つということ。そして、私も人を疑い、疑心暗鬼になることがある。ということです。

 自分の感情をコントロールすることと、人の長所を活かすことは、チームワークを発揮するための基本です。これからは人を自分の心の鏡とし、自分を監視しようと思います。そして、相手に、自分のよい部分ばかりが映し出されるように、人間性を高めたいと思います。


人生を変える出会い

 新垣勉さんのアルバム「命どぅ宝(ぬちどぅたから)」を借りました。私は新垣勉さんのことは知らなかったのですが、ジャケットが気に入ったからです。大好きな沖縄の風景と、新垣さんの笑顔がいいな、と思いました。おじさんの笑顔に負けてCDを借りたのは生まれて初めてです。

 気になって新垣さんのことをネットで調べてみました。

 新垣さんは、1952年、沖縄米軍兵の父(メキシコ系アメリカ人)と日本人の母の間に沖縄県読谷村に生まれます。生後まもなく、事故で両目を失明し、1歳の時に両親が離婚。母は再婚し、母方の祖母に中学まで育てられます。中学2年の時祖母が他界、天涯孤独になってしまいます。
 そんな時、新垣さんはラジオから流れてきた讃美歌がひとすじの光のように感じ、教会へと足を運びます。そこで出会った一人の牧師に思いの丈をぶつけた時、牧師は涙を流しながら彼の話をじっと聞いてくれ、その後頻繁に自宅に彼を招き入れお誕生会などを行うなど家庭の温かさを教えてくれました。この出会いが新垣さんを立ち直らせるきっかけになったそうです。
 その後、歌手を目指すようになった彼は、大学在学中にオーディションを受けます。そのとき出会った著名なヴォイス・トレーナーに「君の声は日本人離れしたラテン的な明るい声だ。一人でも多くの人を励まし、勇気を与えることが出来るように君の声を磨きたいから私のレッスンを受けなさい。」と絶賛されます。父親からもらった声をほめられたことで父への憎しみが消え、逆に感謝の気持ちが湧いてくるようになったそうです。

 あの笑顔の裏には、そんな経験があったのか、と納得しました。

 「一人でも自分の歌を聴いて“元気をもらった”
   と言ってくれる人さえいれば、自分は生きているだけで嬉しい」

 新垣さんの言葉です。
 
 私には想像もつかない苦悩を味わいながらも、前を向いて歩いてきた新垣さん。不幸の淵にあった新垣さんを勇気づけた牧師や師との出会い。素晴らしいな、と思いました。私も人に希望を与えられるような人間になりたいものです。
 人の感情に向かって大きくアンテナを広げ、ノンバーバルメッセージに耳を澄ますこと。そして自分の感情の動きに気を配り、自分の感情をコントロールすること。この二つが特に大切だと思います。
 まだまだです。

第2回 オフサイトミーティング 開催

 今週は2回目のオフサイトミーティングを開催しました。参加者は3自治体、6課室から6名です。今回の内容は次のとおりです。

 1. オフサイトミーティングの趣旨説明
 2. 自己紹介
 3. オフサイトミーティング(地方分権の是非について)

 今回は冒頭から「県っていると思いますか?」という踏み込んだ質問がされ、以後、今行われている地方分権の意義や、権限移譲の問題点、等が議論されました。

○県は必要か?

・必要とは思えない。市町村合併で数が減ったので、国で十分では。
・県職員は住民のことを考えているのか、と思うことがある。
・あまり考えていないと思う。住民に直接対応する事務は少ない。
・地方分権は、住民に身近な事務は基礎自治体に下ろそうということだ。
・今後の権限移譲で県からそういう事務はほとんど無くなるだろう。
・それとは別に、住民に何の役にたつのか?と思うような仕事が結構ある。
・無駄だと感じても、法律の規定がある以上やらざるを得ない。と上司はいう。
・法律がそもそもおかしい。数十年前にできてほったらかしな部分も多いい。
・法律は国が決めているので、県では変えられない。
・法律を地方に移すか、条例で法律を書き換えることが出来るようにするとそういう無駄な仕事を省けるようになるだろう。
・今議論されている「条例による上書き権」が付与されると大きく変わる。
(法令は、法律(国会で決める)→政令(内閣が決める)→省令(国務大臣が決める)→条例(知事、市町村長が決める)の順になっています。これを、法律→条例→政令→省令と変更することにより、政令と省令を無視出来るようにすることです。このことにより、地方自治体の裁量が格段に広がります。国は一定の基準を示し、地方がそれをアレンジ出来るということです。)

・年間2件しか発生しない事務を移譲して、なんの意味があるのか?非常に事務効率が悪い。
・確かに。事務を間違いなくこなそうと思うと、その二件にかなりの手間が必要だろう。習熟できない。
・そもそもその事務が必要なのか、ということだと思う。そういう事例がないような事務は必要あるのだろうか?
・しかし現在法律の規定がある移譲はどこかがやらなければいけない。条例の上書き権でもって、必要な自治体で、そういう仕事をやるかやら無いかの判断が出来るようになって欲しい。


○合併してよくなったのか?

・合併がきっかけで寂れた地域は多い。
・合併によって起きた悪いこともある。モラルハザードだ。旧町村毎の引っ張り合いが強く、旧区域毎に公民館を作ったり、無駄に税金が使われている。
・リーダーシップを発揮出来るトップが必要だと思う。

・ヨーロッパでは、もっと小さなコミュニティーに権限を下ろしている
・そうなれば真に必要なサービスが行われるようになる。
・市よりも小さな単位が出来ると、四重行政になるのでは?
・道州の権限を市町村に下ろし、市町村で完結する分野を広げればよい。
・地方分権と住民との協働は表裏一体だ。しかし、協働のほうはどうも進んでいない。
・県では協働しようとする意識はあるか?
・ほとんどないと思う。市町村はずいぶん進んでいるようだが、どうか。
・少しは。しかしうちではまだまだだ。
・一部進んでいる自治体はあるが、そういうところでは、職員が地域に出ていって、地元と積極的にコミュニケーションを取っている。

・国の出先の説明会に出席した。説明資料の数項目は、本所が所管しているので分からない、という。なんだそれは、と思った。
・県の出先も同じようなことがよくある。いくつかの分野では五重行政だ。
・なるべく基礎自治体の方に権限を移すことで、スピードは速まり、地域の実情との整合もよくなると思う。
・権限を移すには、一定の規模が必要。


 以上、オフサイトミーティングならではの、ざっくばらんな議論ができました。

 今回は某市から新たに3名参加してもらいました。「自治体職員有志の会」のMLで知り合った方と、その方が所属する自学勉強会のメンバーです。自学勉強会の内容は、所内提案制度に応募する「提案プロジェクト」。総務部長や副市長など、上の人に講演をしてもらう「講演プロジェクト」。財政や、マーケティングなど、なにかテーマを決めて庁内で勉強する「アカデミープロジェクト」。そして大学の研究室等とテーマを決めて勉強する「シンクタンクちっくプロジェクト」の4つを柱とします。簡単に内容を紹介してもらったのですが、充実した内容に驚きました。また一緒にやりたいと言ってくださったので、今後のコラボレーションが楽しみです。

(振り返り)
・何度か断定的な発言をしてしまった。意見は意見として発言するように気をつける。
・前回のような書籍の紹介なら、概要を紹介しつつ、コメントを求めればよい。今回のようなフリーテーマでは、発散→収束→発散→収束とした方が深い議論ができる。今回は発散しっぱなしでよくなかった。
・もっとコーディネートに徹した方がよかった。
・板書をすることで、もっと議論のかみ合わせを良くし、深めることができた。


Home

プロフィール

公務員の☆

公務員の☆

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Amazon検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。